白き咎、飴の檻

 同じ種で作られ、同じ腹から生まれたと言うのに、何故、こうも違うのか?
 廟の向こうへ消えた王である父と兄を見送ったコウ(ジン)は、踵を返した。
 礼をしたまま主を待つ臣下や、妃たちの一団から抜け出て、穏やかな足取りで歩み始める。
 その速度は徐々に上がり、やがて駆け足になった。
「どうして」
 城へと続く森の道に、忌々しげな呻きが落ちる。
 陣は足を止めて、廟を振り返った。
 木々の緑の向こう、青空を背景に、廟の反り返った、真っ赤な屋根が見えた。
「何故天帝は、僕に会ってはくれない?」
 森羅万象を司る、大いなる神・天帝。その廟に入れるのは、王、正妃、皇子のみであったが、王の第二子である陣は、資格はあると言うのに、生まれて十八年、天帝に会ったことがない。
 自身の出生すら疑った陣を、父は酷く怒って否定したにも関わらず、依然、廟への参詣許可は下りなかった。
「……兄上」
 兄の涼しげな面が脳裏を過ぎる。
 陣は、唇に寄せた爪を、噛んだ。
 三歳年上の兄・コウ(ホウ)は、双子かと思われるほどに、陣と似通っていた。
 けれど何かが根本的に違っていた。
 文官たちにも勝る知能と知識を持ち、武官顔負けの剣技を誇る、鳳。
 天帝に次の王を約束された兄には、圧倒的な存在感があった。
 陣の奥歯がぎり、と鳴った。
 同じ師に付き、同じ卓子で食事を取った、実の兄弟である。
 それなのに、何故、こうも違うのか。
 胸中が暗く苛まれる度に、陣は自分を惨めに思った。
 この劣等感は自身の卑小さが引き起こしていると分かるからこそ、情けなく、苛立った。
 ――と、その時、前方で物音がたった。
 我に返った陣は、一人の女が、目を丸々と見開いて自分を見ているのに気付いた。
 年の頃は陣と同じ十八ほど。
 少し下がり気味の目尻が、見る者に柔らかな印象与える。
 決して美人ではなかったが、日だまりを彷彿とさせる、不思議な魅力を備えた女だった。
「何を見ている」
 陣の静かな問いに、びくり、と女の身体が揺れた。陣はますます苛立った。
「何を見ているのかと訊いている!!」
 怒声に、女が半歩退く。
 陣は自分を顧みて、気まずげに視線を落とした。
 荒ぶる呼吸をゆっくり吐き出す。自己嫌悪で気分が落ち込んだ。
 見知らぬ他人に八つ当たりをするなど……兄ならばこんなこと、決して、しない。
「て……手が、痛そうだなと思って」
 震える声が耳に届き、陣は顔を上げた。
 おずおずと近付いた女は、そっと陣の右手を取ると、絹の手巾を添えた。
 真っ白な布が、みるみる内に赤く染まった。
 そこで陣は初めて、爪の噛みすぎで指先から血が出ていることに気付いた。
 陣は優しく血を拭う女を見下ろすと、呻いた。
「…………驚かないんだな」
「驚く、ですか?」
 きょとんとした女に、陣は自嘲の笑いを零した。
「これでも穏やかな皇子の振りをしていたんだが……はっ。卑しさは滲み出ていたらしい」
「皇子といえども、人の子。誰だって心穏やかでない時はあります」
 さらりと応えた女に、陣は息を詰まらせた。
 能力も人徳も、なす事全て兄に遠く及ばない。
 もっとまともに、もっと素敵に、皇子として、人として、もっともっと精進せねばならない。
 今の自分は駄目だ。どうしようもない愚図だ――と思っていた。
 けれど目の前の女は、素を批難することなく、頷いたのだ。
「あの、何か?」
 傷んだ指先に手巾を巻き付け、さっさと退出しようとした女の腕を、陣は知れず掴んでいた。
 自分の行動に戸惑い、彼は束の間、押し黙ると、やがて掠れた声で謝罪した。
「…………すまない。怒鳴ってしまって」
「いいえ」と、女は目を細めて微笑んだ。
「陣様を追いかけてきて良かった。とても思い詰めた顔をされていたから……一人で痛みに耐えるのは、辛いですし」
 言葉の途中で、女はハッとして口元を手の平で押さえた。
 それから勢いよく頭を下げた。
「わたくしの場合は、あの、その、辛いので、つい。出過ぎた真似をいたしました」
 陣は言葉なく女を見た。
 純真な気遣いが嬉しかった。自分に向けられる心が温かかった。
「ありがとう」
 ――それは、陣にとって最初で最後の恋に落ちた瞬間だった。
 彼女は――(フウ)游旻(ユウミン)は、兄の婚約者だったけれど。

     * * *
 游旻に心を奪われた陣は、すぐに彼女に使者を送り、再会を願った。
 彼女は兄の、数多いる婚約者の一人で、その妃候補が異性と会うなど言語道断である。
 なので、もちろん断られることを、陣は覚悟していた。それでも、行動せずにはいられなかった。
 けれど、驚くべきことに游旻はやってきた。
 彼女は「話し相手が欲しい」と言った陣を信じた。
 不安定な様子だった彼を、優しい彼女は、放っておけなかったのかもしれない。
 游旻が小説を好んでいることを知り、陣は彼女を、城の書庫に案内した。
 宮では随分と退屈な時間を過ごしていたのか、小姓姿に変装した游旻は、子供のようにはしゃいだ。
「陣様。本当にありがとうございました。とても楽しい後宮暮らしでしたわ」
「何だ急に。……まさか、宮を下がるのか」
「お妃様がお決まりになったら、すぐにでも」
 ここ丹の国では、正妃、両妃が決まると、他の候補者は自由に宮を退くことができる。
 しかし後宮での贅沢な暮らしや、一夜の可能性を捨てきれず、宮に残る女は多い。
「もとより、わたくしは数合わせですから」と笑う游旻は、後宮に未練はないのだろう。
 そんなさっぱりした性格も、陣には好ましかった。
 文官たちが忙しげに行き交う東殿を、陣は游旻を連れて歩いた。
 書庫からの帰り道、二人で赤く爛れた夕日を眺める。
 後宮までの、二人だけの秘密。目眩がするほど幸せな一時。
 東殿には、ちらほらと武官の姿が見えた。
 いつもよりその数は多い。
 陣はぼんやりと不穏な噂を思い出す。と。
「おやおや。珍しいところで会うね、陣」
 唐突にかけられた声に、陣は飛び上がった。
「兄上」
 兄・コウ(ホウ)だった。
 游旻が素早い動きで陣の背後に隠れ、手を組み頭を下げる。
「背中に隠れたお嬢さんはどちらかな?」
 が、鋭く見抜かれ、游旻と陣は慌てた。
 陣はどう弁明すべきか考え倦ね、知れず助けを求めて游旻を見た。
 そこで彼は、一瞬、目を上げた彼女の表情を目撃してしまった。
 鳳を目にした彼女の頬は、朱に染まっていた。
「も、申し訳ございません!」
 頭を下げて、游旻が脱兎の如く駆け出す。
 止める間もなかった。
 ……陣は複雑な気持ちでそれを見送った。
 最後に見た、彼女の面が頭を離れない。
 面白くなかった。そう思う自分がとりわけ矮小に思われる。
「見覚えがあるな。……あれは風家の娘?」
 その時、ぽつり、と鳳が漏らした言葉に、陣はハッとした。
 数千の女の中で、まさか游旻を覚えているとは思わなかったが、鳳は常人ではない。
 陣は身を投げ出すように兄の袍の袖を掴むと、声を潜めた。
「兄上。どうか、お許しください。彼女を無理矢理連れ出したのは、僕なのです」
「だろうね。もちろん彼女の貞淑さを疑ったりはしないよ」
 鳳は、弟の必死さにきょとんとしてから、微笑を浮かべて小首を傾げた。
「なるほどね。君は、彼女を好いているのか」
「す……っ」と、陣は息を詰まらせた。
 顔に熱が集まり、言葉が宙に霧散する。
 陣は咄嗟に手を組むと、頭を下げた。
 戦慄く唇から焦りを追い出し、何とか声を落ち着け、否定する。
「滅相もございません。僕はただ、礼をしたかっただけで」
「礼?」
「はい。怪我の手当てをしていただいたのです。彼女は本が好きだとのことでしたので、書庫にある本を見せて差し上げました」
「そう」と頷いた兄を、陣は恐る恐る見上げた。
 久々に見た兄は、疲れているようだった。
 鳳は、一瞬、唇を歪めた。
 陣の肩を掴み、彼は、努めて柔らかな声音で、言った。
「もう一度、訊くよ。陣」
「いっ――――」
 予想外の肩の痛みに、陣は眉根を寄せた。
 吸い込まれそうになる黒曜石の瞳は、柔らかい。
 だからこそ、痛みと相俟って、底知れない恐ろしさが込み上げてくる。
「陣。君は、彼女を好いているわけでは――己の妃にと考えているのでは、ないんだね?」
「は、はい。嘘、偽りなく。天帝に誓って」
「よろしい」と、鳳は満足げに微笑した。
 陣は身体を硬直させた。
 ――自分の劣等感が、もし、兄によって、もたらされるものだとしたら?
 一瞬、脳裏を過ぎった……恐怖。
 夕日を背にして、鳳は笑っていた。
 それはそれは嬉しそうに、耳にまで届きそうなほど、唇をニッと引き延ばし、邪悪に笑っていた。

 その三日後、鳳は正妃と両妃を選んだ。
 豊かな黒髪を結い上げ、豪勢な簪に、紗の衣を幾重にも重ねた正装で、鳳の隣――正妃として、游旻が立っていた。
 その頬は、酒を仰いだように、ほんのりと赤味を帯び、満面の幸福が滲んでいた。

     * * *
 陣は三月ほど眠れぬ夜を過ごした。
 游旻が幸せなら、とやっと自分を納得させた頃、陣は鳳から呼び出された。
「何を……」
 告げられた兄の言葉に、陣は狼狽えた。
「お前にこれをあげる。さ、游旻。お行き」
「はい」と、鳳に促されるまま、游旻は進み出た。
 陣は彼女を押しのけると、声を荒げた。
「か、彼女は貴方の奥方ではありませんか!」
「仕方ないじゃない。飽いたのだもの」
 鳳はそっけなく言った。
 游旻が項垂れる。
 陣は拳を握り締め、なんとか怒りを抑え込むと、言った。
「では……何故、結婚など」
「お前への嫌がらせだよ」
 ニッコリと微笑んだ鳳の答えに、陣は何も言えなくなった。
 やはり、と思った。
 自分の劣等感や自己嫌悪が、全て兄によって仕組まれたものだったのだと、やっと得心する。
「貴方は……」
 必死になって怒りを抑える陣の肩を、鳳は軽やかに叩いた。
「お前には、私のお下がりが似合いだと思うんだ。なあ。そうだろう? 陣」
「貴方と言う人は、どこまで――――!!」
 胸ぐらに掴みかかった陣を、游旻が必死に止めた。
 渋々、兄から指を剥がし取った陣に、鳳はくすくす笑って袍を翻し、去って行く。
 呆然と立ち尽くした陣は、取り残された游旻を見た。
 彼女はじっと鳳を見送っていた。
 腹立たしいにも程がある――。
 陣はさっさと自室に戻ろうと思ったが、游旻を放ってはおけなかった。
 陣は游旻の手を取ると、大股で歩み、自室に向かった。
 鳳は「嫌がらせ」と言って、笑った。
 それほど厭われる理由など、陣には考えもつかない。
 けれど陣が兄を羨み、劣等感に苛まれ、自己嫌悪で苦しむ度に、彼はほくそ笑んでいたのだ。
 そして、その嫌がらせに、游旻は利用された。
 どうしてこのまま放っておくことなどできるだろう。
 なにより彼女は、陣の、破れたとは言え、初恋の相手なのだ。
「どうぞ。何もない(へや)だが」
 皇太子の正妃を連れてきた主に、陣の小姓は仰天したが、丁寧に来客をもてなした。
「……游旻」
 游旻を椅子に座らせると、陣は落ち着きなく、部屋を行ったり来たりした。
 彼女が泣き出したり、怒り出したりすれば、それなりにすべきことも見えてくるだろうが、彼女はぼんやりと虚空を見つめたまま、黙り込んでいる。
 無理もないとは言え、陣は困り果てた。
 何か、何か話さねば……脅迫に近い焦りと共に、考えを巡らせる。
 やがて、陣はポン、と手を打った。
「そ、そうだ。先日、珍しい果物を手に入れてな……よければ、游旻も」
 退室した小姓に、早速命じようと顔を上げた陣は、動きを止めた。
 游旻の腰帯が、しゅるり、と解けて床に円を描いた。
「――――――何を」
「おつとめを、果たそうと思いまして」
 合わせ目がはだけ、露わになった白い裸体が、陣の瞳を焼く。
「やめろ!」
 顔を背け、陣は声高に叫んだ。
 混乱と羞恥と……悲しみで、陣は「ああああ!」と咆哮を上げると、自身の髪を掻きむしった。
 やがて両の手で目頭を押さえ、静かに口を開いた。
「ぼ、僕は……正直に告白する。僕は、前からずっと、貴女を自分の妻にと望んでいた。貴女のことを、特別に想うからだ」
 自身の言葉に勇気づけられるように、陣は瞼を持ち上げると游旻を見つめた。
 力無い瞳と目が合う。
 以前、言葉を交わした頃の朗らかさは微塵もない。
 痛ましげな様子の彼女に、陣は泣きたくなった。
 一歩踏み出す。
 游旻が瞬きをする。
 陣は彼女が拒絶しないことを確かめてから、そっと歩み寄った。
 衣服の裾を掴み、素早く彼女の身体に巻き付ける。
 ……触れた指先が火傷したように熱かった。
 八つ裂きにしたはずの想いは、無理矢理押込めていただけだったのだと、陣はまざまざと思い知った。
「そう、今も貴女を好いている」
 愛おしい。
 だから、彼女が悲しむ姿はこれほどまでに、胸を締め付ける。
「だが僕が望むのは、貴女を抱くことじゃない。……貴女を大切にしたい。貴女に心安らかになって欲しい」
 游旻の長い睫毛が震えて、大粒の涙が零れた。
 陣はそれを親指で拭った。
 彼女は被害者だった。
 自分と同じ被害者だと、陣は思った。
「さあ、游旻。服を着て」
 そう言い置いて、陣は室の外に待機していた小姓に、果物を持ってくるよう命じた。
 胸が熱かった。
 彼女を幸せにしなければならない――それは大いなる使命に対する、怒りや悲しみと似た、喜びだった。

     * * *
 寝台から出ると、すかさず外で待機していた小姓が飛んできて、陣の身支度を手伝った。
 背後で衣のこすれる音がした。
 游旻が上半身を起こしたのに気付き、陣は振り返った。
 長い髪の合間から、ぼんやりとした視線が陣を見つめる。
 陣はそっと游旻に近付くと、その頬に右手を添えた。
「また、夜に」
 そう言い置き、陣は朝儀のため寝所を出た。
 游旻を妻に迎えて、早三月の時が過ぎていた。
 綱渡りをするように陣は游旻に寄り添い、心に触れた。
 夜は二人、子犬のように身体を寄せ合い眠った。
 まだ接吻すらしたことはなかったが、それで良いと陣は思っていた。
 愛おしい人を支える……彼にとって、毎日は、涙が出るほど愛おしく、幸せに満ちていた。
「…………何だ? やけに騒々しいな」
 回廊に出た陣は、訝しげに辺りを見渡すと、いつもと違う城の様子に、回廊の影に身を滑り込ませた。
 武官たちが物々しい様子で走り回り、文官たちがおろおろと右往左往している。
 陣はそっと身を潜めて、文官の一人に近付くと、背後から袖を引っ張った。
「ひっ」と息を飲んだ文官は、やがて相手が陣だと認めると、逆に陣の両腕を強く掴み、言った。
「陣様!! 鳳様が……お亡くなりに」
 文官は上ずった声でそう言うと、恐ろしいことです、と譫言のように繰り返した。
「まさか」と、陣は唇を引き攣らせた。
 兄が死ぬ。それはありえないことだった。
 運命を司る天帝が決めた後継は、絶対である。死ぬことなど、ありえない。
(しかし嘘を吐いているようにも見えない)
 一体、何が起こっているのか――陣が混乱に辺りを見渡すと、不意にざわめきが、静まった。
 草が風に凪ぎ倒されるように、回廊にいた武官と文官が、深々と腰を曲げ礼をする。
「…………父上」
 陣は、回廊の向こうから大勢の武官を引き連れやってくる父を認め、臣下と同じく、頭を下げた。
 父は陣の肩を掴むと、言った。
「陣。ついさっき、鳳が死んだ」
 父に命じられ顔を上げた陣は、信じられないことを聞いた。
「天帝の言だ。よく聞きなさい。陣、本日よりお前を、皇太子となす」
「は……? な、何を」
「もとより天帝は、お前を次の後継に、と命じておられた。だが、この年、この日、唯一絶対の皇太子が死ぬと、同時に天帝はわしに告げた。運命は避けられぬ。しかし、国を滅ぼすなど受け入れられるはずもない。わしは……運命を騙そうと決意した」
 述べられた事が理解できず、陣は父をまじまじと見つめた。
「鳳をしいしたならず者は処分した。皇太子は死んだ。けれど真の皇太子は、こうして生きている。運命は上書きされたのだ」
「………………兄上は」
 陣の掠れた声に、父は悠然と頷いた。
「あれは申し分のない影武者を務めてくれた。……まあ、奴は自分が影武者であるなど、思いもしなかっただろうが」
「丹国、ますますの繁栄をお祝い申し上げまする! 陣様、万歳!」
 臣下の一人が、感極まったように転び出ると、地に額を擦りつけ、叫んだ。
 その声に呼応するかのように、陣の周りにいた臣下がすぐさま身を投げ出し、礼をした。
「黄陣様、万歳! 黄陣様、万歳!!」
 ワッと声が破裂する。
 陣は呆然と興奮に包まれる辺りを見渡し、口の端を引き攣らせた。
 脳裏を過去の苦渋が過ぎった。
 その映像は、平身低頭する臣下らの姿に破られ、塗り潰されていった。

     * * *
 頭で理解しても、心が追いつくはずもない。
 父に退出を願った陣を、父は「さもあらん」とあっさり解放した。
 夢の中を歩くように、陣はふらふらと自室に戻った。
 胸が破裂しそうだった。
 興奮による酩酊感に、視界が揺れ続けていた。
 とにかくゆっくりしたい。
 今は游旻の腕にもたれて目を閉じていたい――と考えて、陣はふ、と歩みを止めた。
 游旻は、どう思うのだろう。
 自分を捨てた男の死を、気の毒にと思うのだろうか。
 それとも、喜ぶだろうか。
「駄目だな、僕は。もう兄上は死んだのに」
 未だにその影を気にしている。
 陣は首を振って考えを払うと、前を睨め付けるようにして真っ直ぐ歩み出した。
 もう比べる相手はいない。
 自分を卑しくさせる存在はいないのだ。
「…………陣様!」
 自室に至ると、すぐさま游旻付きの女官たちが駆け寄ってきた。
 彼女らが何か言うのを遮って、陣は鋭く問うた。
「これは、どうしたことだ」
 自室は、惨い有様になっていた。
 骨董品が粉々になり、床に散らばっていた。
 壁を彩る掛け軸は無残に破かれ、卓子の位置が大きく変わっている。
 椅子も天地が逆になり、よく見れば陣を迎えた女官らも、衣服や鬢が乱れ、憔悴しきっている様子だった。
 陣は、導かれるように、寝所を区切る衝立を退けた。
 ……息を飲む。
「ゆ、游旻」
 游旻が、力なく寝台に横たわっていた。
 両手足を拘束され、唇に布を巻かれた彼女は、陣を認めると、唸って、身を捩り始めた。
「――――お前達、一体、何を」
「お許しくださいませ。お許し下さいませ!!」
 身を焼く怒りのまま、女官を振り返れば、三人の女たちは身を投げ出して、額を床に擦りつけた。
 悲鳴のような声で弁明する。
 鳳の死を耳にした游旻が突然、髪に挿していた簪で自分の咽を突こうとしたのだと。
 間一髪で食い止めたものの、游旻は自身の命を何としてでも絶とうと、暴れ狂ったらしい。
「お止めくださるよう、説得いたしましたが」
 己の細首を締め上げるので手を縛り、高楼へ向かって走りだしたため、足も封じた。
 舌をかみ切るかもしれない不安に、結局、口もとも布で覆ったのだと言う。
 詮方なきことだったと、女官たちは、許しを請うた。
 陣は彼女らが嘘を吐いているとは思わなかったが、游旻がそのような振舞をするとも信じられなかった。
 混乱した陣は、一旦、女官らを下がらせると、妻に歩み寄った。
「だとしても、これは余りに、惨い」
 游旻は猫が威嚇するように鼻息荒く、陣を迎えた。
 陣はそっとその髪を撫でると口元の布を外してやる。
 何があったのか、本人の口から聞かねばと思った。
 游旻が何を考えているのか分からなかった。
 唇が自由になると、游旻は間髪入れず、陣に言った。
「あなたが死ねば良かったのに」
 言葉は形を持って、陣の鼓膜を貫いた。
「あなたが死ねば良かったのに!」
 游旻の絶叫に、陣は言葉を失った。
 声が唾液に絡め取られて、形を成さない。
 沈黙が二人を包んだ。
 言葉を反芻した陣の胸に、刀で斬り付けられたような痛みが走る。
 鮮やかに曝かれた、彼女の狂気の理由……
「死なせて、くださいませ」
 今にも消えてしまいそうな声で、游旻は請うた。
 彼女は滂沱の涙で濡れた頬を、陣の手にすり寄せ、繰り返した。
「わたくしに命を下す主人はもうおりません。自由です。わたくしは、この想いに殉じたい」
「何を馬鹿な。貴女は僕の妻だ」
「いいえ。いいえ、いいえ。わたくしは鳳の妻です。鳳がお命じになられたので、わたくしは、あなたの妻になった」
 陣は呆然と、妻を見下ろした。
「貴女は、僕を、少しも、想うことがないと」
 押し黙る游旻に、陣は笑っているような、泣いているような、情けない声で、確認した。
「これからも、決して僕を愛さないと」
 游旻は無言で頷いた。
 陣の視界は一瞬、真っ赤に染まった。
 全身を震わせる激情が、足先から、頭頂に突き抜けた。
 目の前から消えて欲しいと思った。今すぐ。
 陣は知れず、妻の細首を掴んでいた。
 寝台に押し倒し、馬乗りになる。
 游旻を被害者だと思い込んでいた陣は、自分の愚かさに笑い出しそうになった。
 情けなかった。
 誇りが傷ついた。
 自分を守るため、游旻を今すぐ消さねばならないと思った。
 ……それを、彼女自身も望んでいる。
 陣は細首を締め上げた。
 游旻が柳眉を震わせた。
 けれど、一切抵抗を見せない。
 それが、歪んだ冷静さを、陣にもたらした。
 目尻に涙を浮かべ、苦悶する妻を、陣は下唇をきつく噛み、見下ろした。
 そろそろと両の手を離す。
 ……自分には輝かしい未来が待っている、と、脳裏で自分の声がした。
 もう自分を苛む兄はいないのだから、と。
(だけど、この女のせいで幸せにはなれない)
 想い続ける相手が、自分を愛さないなど、何処に、幸福を見いだせば良い?
(追い出すだけで良いじゃないか。この女の命を背負うなんて冗談じゃない。死にたければ、勝手に野垂れ死ねば良い)
 陣は決意した。
 追放してしまおう。
 目の見えないところへやってしまおう。
 そうすれば、もう、惑わされることはない。
 病で亡くなったと思い込めば良いだけだ。
(この女は、僕の愛する游旻じゃない)
 自分を愛さない女に用はない。
 ――――ない。それなのに。
「僕は、貴女を妻にした。貴女がどう思っていようと、僕は貴女を妻にした」
 心の底で、彼女を愛する過去の自分が訴えかけてくる。無言で見つめてくる。
 心がかき乱され、陣は項垂れた。
 ぽたり、と落ちた涙が游旻の衣に、丸く染みを作った。
「運命を供にすると決意したのは、他の誰でもない。貴女になんだ!」
(何故兄上は、僕に彼女を与えた?)
 不意に過ぎった疑問を振り払うかのように、陣は游旻の肩をきつく掴んだ。
「兄上は、貴女を僕に与えた。貴女はそれを放棄するのか。兄上の許可も得ずに」
 游旻の瞳が揺れる。陣は続けた。
「貴女は、殉じろと命じられていたのか?」
 游旻が唇を引き結ぶ。
「貴女は、兄上に……幸せになるように、と言われていたのか?」
 暫しの沈黙の後、游旻は力なく首を振った。
(ああ、そうだろう。きっと、貴女は僕の側にいけと命じられただけに違いない。だけど)
 陣は思いを巡らせた。
「兄上は、貴女を愛していたのだろうか」
「わたくしは愛されておりました。愛されておりました!!」
 必死な主張に、「だろうな」と陣は唇を歪め、確信した。
 兄はハッキリと嫌がらせだと言っていた。
 自分を目の仇にしていた。理由は簡単だ。
(兄上は自分が影武者であると……僕の代わりに死ぬと――――知っていた)
 だから、愛した女を陣に与えた。
 お前は全てを取り上げたのだと、思い知らせるために。
 王位も、運命も、愛する人も、お前が全てを奪ったのだと、糾弾するために。
 さながら呪いだな、と陣は引き攣った笑いを零した。
 生き続ける限り、陣は兄を思い出す。
 兄が得ていただろう栄光、忠義、愛する女……陣の存在自体が罪を孕んでいると、周りの全てが、声を上げる。
(だが……僕は、この呪いを、自ら解ける)
 こんな女などいらないと一言、言えば良い。
 それは、惨めな過去を切り捨て、輝かしい未来を手に入れるための、第一歩。
「わたくしを側に置いて、どうしようと言うのです。あなたに差し上げられるものなど、何もない。なのに、どうして」
 游旻が啜り泣く。
 陣は親指の腹で彼女の涙を拭うと、砂糖菓子に触れるように接吻した。
「――――――何、を」
「あげられるものがない? それは嘘だ。貴女は僕に、何もあげたくないだけ」
 陣は、唐突に、妻の衣の合わせ目に、両手をかけると、勢いよく引っ張った。
「けれど、貴女はたくさんのものを持っているじゃないか」
「…………お好きになさいませ」
 露わになった美しい乳房を見下ろした陣に、游旻は固い声で応えた。
 今更恐怖など感じない程には、心を決めていたのだろう。
 まるで娼婦だな、と陣は内心で哄笑した。
(兄上。……僕は、呪いを享受しますよ)
 彼女は陣を騙していたわけではない。
 以前よりも親しくなれたと感じていたのは、自分だけの思い込みだったことを、陣は認めた。
「貴女を、愛してる」
 彼女を目障りに思う。
 けれど、愛を止められない。
 なかったことにして、忘れたくない。
 彼女との思い出を。
 そのせいで兄を忘れられないとしても。
 永遠に惨めなままだとしても。
「だから、僕は、貴女の心が欲しい」
「お戯れを。契り交わしたとて、差し上げる想いなどございません」
「貴女は与えたくないだけだと、そう言ったろう。だから僕は、奪うんだよ」
 無表情で、陣は游旻の片方の乳房に触れた。
「愛も恋も全て兄上のもとにあるのなら、僕は貴女から兄上の思い出ごと奪おうと思う」
 力のままに強く鷲づかむ。
 痛みに游旻は眉根を寄せた。
 その全てが陣には愛おしい。
「僕が、貴女の耳朶に、この肢体に、愛を刻む度、貴女は僕を呪い続ける。それが、これから貴女にできる、唯一のことだ」
 激情を押さえ、陣は憐れみを込めて言った。
「貴女の命を守るため、貴女には手も足も、舌も必要ない」
 じっと妻を見下ろしながら、寝台をまさぐっていた陣の左手が、目当ての布を見つけた。
 それを引き寄せると、彼は微笑んだ。
「貴女に、自由は必要ない」
「な、何――――――ん、んぐっ」
 顔を背けた游旻の顎を掴む。
 動かぬよう固定し、その小さな唇に、先ほど彼女の口元を覆っていた布を、陣は容赦なく突っ込んだ。
「僕は、これから貴女の中の兄上に、僕自身を重ね塗りしていく。何度も、何度も」
 強烈に。無茶苦茶に。
「貴女の瞳は僕だけを映し、僕だけを憎み、その心の中は真っ黒に染まって、いずれ、兄上のことなど忘れてしまう」
 恐怖に見開かれた瞳には、陣が映っていた。
 それに彼は満足した。
 もがき逃げようとする游旻の身体を寝台に押しつけ、陣は白磁の肌に舌を這わせた。
 額、目元、頬、首筋……汗をじっくり味わう。
 何も考える必要はなかった。
 全ては兄の呪いであり、それが示すまま……堕れば良い。
「貴女は、ただ……兄上を愛するように。一心に、祈るように」
 初雪の積もった双丘のように、白く輝く乳房に、陣は顔を埋めた。
 得も言えぬ、甘い不幸の香りを胸一杯に吸い込む。
「僕を、憎めばよろしい」
 言って、膨らみにきつく歯を立てる。
 游旻の呻きは芳しく、陣をどろどろに蕩けさせた。

白き咎、飴の檻 (了)

web拍手 by FC2