「俺は、俺の望みのために…生きたいという願いのために、生きるんだ。」

未来視能力のため、人から疎まれて育った少年・紫苑しおん
そんな彼は、愚直なほどに真っ正直な直親と出会う。
互いの寂しさを産めるように交流を深める二人…
けれど、運命は「後ろ戸の祭」を迎え、豹変した。
紫苑は直親を救うため、祭りの人身御供となる。
一方、直親は、紫苑を救おうと、命がけの決意をした――

友情は、死の運命を破れるのか。和風ドラマティック・アクション!