舞々花伝

顔のない男(2)

「この剣の能力は、もともと分離と定着の二つあったのよ」
 たづさんが語り出した時、ちょうど、お寺の住職さんだろう、初老のお坊さんがお茶を持って来てくれた。
〔分離と定着?〕
 丁寧に礼をして茶を手にする弟妹に対し、猿彦は礼もそこそこに、たづさんに問う。
「そう。それがあたしの、四百年前の仕事だったから」
「……四百年」
 途方もない年月を想像して僕は目眩を感じた。二百年の孤独すら、僕にとっては耐え難い苦しみだったのに。
「あたしね、河の神に仕える巫女だったのよ。名前もない小さな神社の。そこでは、生きてる人間に神を定着させて祀ってた。あたしはその神の管理をしていた巫女の一人で、依代が年を取ったり、病気になったりして不適になったら、この剣で神を切り離して、別の人間に移す仕事をしていたの。それがさぁ」
 言葉を切ってから、彼女は照れたように頭を掻いた。
「憑依して他人の魂を飲み込んでいくうちに、あたしの魂ったら、太って性質変わっちゃって。この剣ったら、分離しかできなくなっちゃったのよ。それで急遽、転職。除霊して諸国を回る<歩き巫女>になったの」
「ま、あたしの話はこんなもんよ」と話を締めて、たづさんは猿彦を見た。
「それで? あなたたちの事情って?」
〔敦盛。黒翁の説明〕
 間髪入れずに、猿彦が僕に命じる。
「な、何で僕? そんなに詳しくな……」
 まだ三年弱しか観世の家にいない僕に話せることは限られている。
 でも、だからと言って、猿彦や元雅くんじゃ面倒がって説明などしないだろうし、しいちゃんにお願いするなど、元雅くんの手前、怖くてできるはずもない……
「……分かりました」
 渋々頷き、たづさんに向き直ると、僕は頭の中の情報をかき集めつつ口を開いた。
「えっと、黒翁というのは……観世家の守護神で、明より更に西国の――天竺から来たと言われている神様です」
 猿彦が床に置いたヤスケを指先でこつこつ叩き、たづさんに見るよう示す。
 杓文字の平面に、みみずがのたくったような図が滲み上がった。彼はその小魚みたいな塊――僕らの住む国を指さしてから、指先を左斜め下へと滑らせる。菱形の塊が天竺だ。
「黒翁は神様と言っても、正確には人に害なす障礙神――人の肝を食べたり、疫病を流行らせたりするなど、迷惑な神様なんです」
〔ついでに女だ〕
「女神? でも、黒翁って――」
 たづさんが驚いた声を上げれば、元雅くんが優雅に茶器を置いて頷いた。
「アイツは七母天っていう姉妹神の一番末っ子。本名は波提梨姫(ハダイリキ)。言いづらいから、あれを封じてた黒式尉の面――黒い翁の面にちなんで『黒翁』って呼んでる」
 四座のうち、女神を持っているのは筆頭・金春座と観世座だけ。それだけで猿彦たち観世の者が舞々の中でも特別だというのが分かる。ちなみに七女神の内、二柱が金春、一柱が観世にあり、他は確かではないけれど、二柱は伊勢と近江の舞々が一柱ずつそれぞれ封じ、残りの二柱は天台系寺院の僧侶が持っていると聞いたことがある。
 話は戻るけれど、要するに、観世家は頂点の金春家の次に、力も由緒もある舞々の家系なのだ。
「そんな危ない神様が、何で芸能者のあなたたちと関わりがあるのよ」
「もともと七母天はお坊さんたちのものだったんだそうです。それを譲り受けたのが、彼ら舞々の家系で」
「何故、僕らのような賤民が選ばれたのか、だって? そんなの簡単だよ」
 僕の言葉を遮り、元雅くんが鼻を鳴らした。
「女神たちを操るのには多くの犠牲が必要だった。だから僕ら芸人にその役目が与えられた。何人死のうが誰も構わないからね」
 皮肉な調子で言い放つ。
 そう。猿彦の祖父・観阿弥さんや、父・元清さんの努力のおかげで、今でこそ彼らは人並みな生活ができているけれど、元は(しゅく)の者だとか河原者とか呼ばれていた貧者だった。それが、七母天のほとんどが舞々に委ねられている理由だ。
 夙というのは『はざま』の意味。河原の辺りで散見されるような貧しい人々のことだ。この国では、川を境にする風習があるから河原者も同じく、境に住む者の意味。
 彼らは町に居座れないだけでなく、人間として数えられもしない。だからこそ、死と隣合わせの危険な女神を与えられた。彼女――黒翁のような、人間の身体を乗り捨てるのに何の躊躇いもない、人間の身体を奪っては人に害を為してきただろう、そんな危険な神様を。
「ま。もともと舞々は身体に死者の霊魂を降ろす、この世とあの世の架け橋的存在。職業柄、最低一体は使役するための死霊を持っていたし、それを降霊して戦う事にも慣れていたからね。神格を降ろすのにもさほど抵抗がなかったんだろう。……そして」
 元雅くんは皮肉な口調で続けた。
「そして、黒翁こそが観世の大夫――ああ、座を纏める棟梁の事だけど――の、持ち霊なんだ。つまりは、僕のもの」
「でも、観世座は今、元清さんが大夫のはずじゃ……」
 たづさんが難しげな表情で首を傾げるのに、僕が答える。
「芸と違って、舞々の全盛期は十七から四十って言われています。三十を過ぎたらどんどん霊力を失っていくんだそうです。だから黒翁を手にするのは、次の大夫に指名された者と決まっています」
「……ふーん、なるほどね。あなたたち、凄いんだ」
「実質的には僕はあれの主じゃないけどね。そもそも僕は継承式すらできなかったし。……跡継ぎ問題で揉めたせいで。なぁ? 敦盛」
「…………え、あ、……う、うん。そうだね」
 唐突に問われて、僕は唇を引き結んだ。
 五年前、大夫候補だった猿彦が儀式に失敗してから、黒翁の継承儀式は行われていなかった。その理由を僕は知らなかったけれど、やっと今日、知った。……継承すべき黒翁が観世家に不在だったのだ。しかも、それは猿彦の顔をつけたまま逃走している。
 ちらり、と猿彦を見遣れば、彼は起きているのか寝ているのか、言葉一つ挟まない。
「跡継ぎ問題……?」
 たづさんが小首を傾げるのに、「そ」と、元雅くんはお茶で舌を湿らせてから口を開いた。
「父さんには三人の息子がいる。あんたが会った長男の元重、そこの次男・猿彦、そして僕」
 しいちゃんは女の子だという下りで、たづさんは目をぱちくりさせた。末妹が気まずそうに俯くのを気にせず、元雅くんは続けた。
「でも、父さんの正式な妻から生まれた男児は僕だけ。重兄は養子だし、彦兄は側室の子だしね。だけど……僕は霊力に関しては二人に劣っていた。だから最終的に大夫候補に選ばれたのは、重兄と、そこの彦兄だった」
 複雑な兄妹の出生は、父・元清さんと寿椿さんの間に十数年来子供ができなかったことに起因するらしい。
 三十を過ぎても子宝に恵まれなかった元清さんは、自身の子を諦め、ついに弟の子――甥に当たる元重さんを養嗣子に迎えた。だけど、それからすぐに寿椿さんが元雅くんを身ごもった。更に時期の悪いことに、元雅くんが誕生する前日、生まれたばかりの猿彦が門前に捨てられていたのだという。
 ……それで元清さんの浮気を知った寿椿さんは、怒りで産気づき元雅くんを生んだとかなんとか。二人の因縁は誕生時からすでに始まっていたのだ。
「元重さんが大夫候補? あの人、霊力なんてないでしょう?」
 元重さんを以前助けたことのあるたづさんは訝しげにする。元雅くんは肩を竦めると、ゆるやかに首を振った。
「昔はあったんだよ。僕よりも。むしろ三人のうち誰よりも次期大夫に近い人物だった。力ばかりの彦兄に対して、重兄は頭もきれたしね。それにあの人は大夫になるため貰われてきた……そのためだけの教育を儀式のその日まで十六年、誰よりも厳しく深く受けてきたんだから。でも最後の最後で実子じゃないって理由で後嗣から外された。で、彦兄が選ばれた」
「ちょっと待って。そもそも世襲って嫡男が継ぐのが普通でしょう?」
「芸事の世界じゃ、実力あるのみ、だから」
 さもつまらなそうに元雅くんが答える。
 血筋的には元雅くんは嫡男で、普通ならすんなりと若大夫の座に納まっただろう。けれど。
『家、家にあらず。継ぐをもって家とす』
 家はただ続くから家ではなく、継ぐべきものがあるから家なのだ――という意味の格言通り、座員の古参や元清さんは後嗣を約束する〈若大夫〉の位に、力のある元重さんか猿彦を立てる旨を宣言、力量的に劣る元雅くんは、嫡男だというのに退けられることとなった。――それなのに、最終的に選ばれたのは血筋を重視した、側室の子だったのだ。
 誰も元清さんの真意は知らない。でも、彼は頑なに猿彦を推したのだという。
 正妻の寿椿さんを初め、内弟子や座員たちの中にはそれぞれの支持者がいたから、この決定に納得できない者は多かった。
 とりわけ寿椿さんの落ち込みようは酷かったらしい。
 彼女は元雅くんを生んだ六年後にしいちゃんを生んだけれど、猿楽師は男に限られるからと、娘に男名をつけ、男の子として育てていることからも、並々ならぬ大夫への執着が察せられる。
 余談だけど……兄たちはそんな母親の見栄に巻き込まれたしいちゃんを可哀想に思って、しいちゃんを元能とは呼ばず、観世七郎元能の七郞から〈しいちゃん〉と呼ぶことを暗黙の了解としていた。
〔そんで、俺は失敗した〕
 今まで黙っていた猿彦が口を開く。
 ヤスケに浮かび上がった文字を読み、元雅くんは腕を組み直すと鼻を鳴らした。
「そ。黒翁を継ぐ儀式で、大失敗。力を制御しきれず、黒翁に身体を乗っ取られた。で、それを助けようとした重兄は大怪我を負って、力の全てを失った。……そして、黒翁は逃げた。彦兄の顔を持ってね」
 内弟子たちを巻き込んだ彼らの不幸ないがみ合いは、五年前の冬籠もりの最終日、幕を閉じた。猿彦と元重さんの両人が、舞々として致命的となる怪我を負うことによって。
 これが猿彦の言う〈五年前の大失態〉だ。
 元清さんは元雅くんを若大夫の位に据えざるを得なかった。
 一方、今まで妾の子でありながら後継者として一目置かれてきた猿彦が、素直に元雅くんの下につくことなどできようはずもない。彼は本名を捨て〈猿彦〉と名乗り、日がな一日、自室に籠もるなど、二年ほどの自暴自棄の末、観世の家と距離を置くようになった。
「それで、その逃げていた黒翁が現れたって事ね。でも、何で今更? それにあたしの剣を狙うのは、どうして?」
「何で今かは知らない。でも、何故、あんたの剣が狙われるのかは明白だよ。その剣があれば、くっついたままの彦兄の顔を切り離せるからね」
「切り離したらどうなるの?」
「普通に彦兄のもとに戻るでしょ」
 たづさんの質問に、元雅くんは小馬鹿にしたように答えると続けた。
「魂と身体は密接に繋がっているんだ。その関係は――そうだな。型と粘土を思い浮かべてよ。型という<魂>に、流し込まれた粘土が<身体>を作る。つまり、魂は設計図、身体はそれに寄る建造物ってわけ」
 彫刻師が木に隠れた仏を彫るというように、魂は身体に表出するもの。
「その内、顔は……とっても大切な部位でね。魂の状態を表わすものであり、魂を制御するものでもあるんだ」
 さすが若大夫なだけあって、元雅くんはすらすらと語ってくれた。
「認識する時もされる時も、最も必要とされるもの……それが顔だ。よく顔の造形は悪いのに、美しく感じる人がいたり、逆に容貌は整っているのに、醜い人もいるだろ? それは、魂の美醜を表している。魂が健康なら顔は輝くし、病んでいれば顔は曇る。そういう風に顔は魂と密接に関わっている」
 憑依された人は、どんどん顔つきが変わっていく。それで、憑依の段階が何処まで進んでいるのかが把握できるなど、魂の状態を表わすのが、顔だった。
「憑依された人の面差しは、憑依する霊のものへと変貌していくだろう? ……それは制御権や身体の主が、身体の持ち主から憑依霊に移行したことを示す」
 ……それは、つまり。
 気まずさに眉根を寄せた僕に、元雅くんはにやっと意地の悪い笑みを浮かべる。
「彦兄の憑依と僕のを比べてみればよく分かるよ」
 それから彼は髪を解くと、腰に帯びた面を顔にかけた。
 思わず身体を仰け反らせた僕の前で、ややあってから、美しい増女が怒りの表情へと変化する。それと同時に元雅くんの純白の衣は炎を思わせる朱色に染まった。
「舞々の降霊は憑依と同意義に使われる事があるけれど……本当はちょっと違う。本来、舞々の降霊は、僕みたいに――霊気をまとってるだけなんだ」
 言って、元雅くんが右腕を前へと突き出し、その上を反対の手で払うような仕草をした。すると紅の衣が揺らいだ……よくよく目を懲らすと、その下には、彼の白い狩衣が見えた。
「ね。実は衣服が替わったように見えるってだけ。でも、死霊や怨霊が人に憑依するのは、敦盛が彦兄に憑く場合と同じなんだよ。――彦兄。比べて見せるから敦盛憑けて」
 無遠慮に兄に言う。しばらく弟を睨め付けていた猿彦は、けれど、大げさに肩を竦ませると投げやりに言った。
〔敦盛。舞え〕
 憑依が完了すると、僕はおっかなびっくり、猿面を取り外す。
 たづさんは、目をぱちくりさせた。
「……姿形が変わるのは憑依段階が四――今の状態は、猿彦の身体は完全に僕に乗っ取られています」
「そもそも彦兄には顔がないから、制御権なんて存在しない。だから後嗣から降ろされた。顔がない、つまりそれは霊を制御できないってことだからね。舞々には致命的ってわけ。むしろ、敦盛みたいに人の良い霊じゃなければ、今頃彦兄は表に出ることすら適わなくなってるよ」
「なるほどね。顔は制御するもの。だから、彼の顔をつけたままの黒翁はあたしの剣を欲しがってる……顔を切り離すために。自由になるために」
 元雅くんの言葉を反芻したたづさんだったが、
「でも……そんな事するより顔の持ち主を殺しちゃった方が早くない? ……なーんて」
 物騒なことを口にして、首を曲げる角度を大きくする。元雅くんはくすり、と小さな笑いを落として、遠く過去へと思いを馳せるように視線を投げた。
「殺したって顔は剥がれないんだよ。むしろ、彦兄を殺しちゃった場合、顔は戻る場所を失ってしまう。自由になる事は永劫叶わなくなるんだ。でも、舞々を殺す馬鹿な怨霊はたくさんいる。そんなことしたら永遠に主と一緒に彷徨うはめになるとも知らずにね」
 それから元雅くんは意味ありげな視線を僕に向けた。
「敦盛も気をつけた方がいいよ……って言っても、顔がない彦兄と彷徨っても、お前の自由にできるからいーのか」
 そんな皮肉は聞き流すことにし、僕は今までの話を頭の中で素早くまとめて、うん、と唸った。一つ、重大なことに気付いたのだ。
「つまり、たづさんの剣があれば、猿彦の顔は元に戻る……?」
 たづさんは言っていた。彼女の〈魂切りの剣〉はどんなに深く絡み合っていようとも、融合した魂を分離することができると。
 元雅くんはすんなり頷いた。
「そう。だから、その前に破壊したいんだ」
「へ?…………ど、どうして」
 至って無邪気に、美しく、とんでもないことを元雅くんは言う。ついで彼は、戸惑う僕に侮蔑の籠もった表情を向けた。
「………………雅兄」
 たづさんの隣に正座していたしいちゃんが、怒ったように兄の袖を引く。
「なぁに、しいちゃん。だって、そうだろう? 今更、彦兄に戻ってこられても困るじゃないか。やっと跡継ぎは僕だって決まったのに、また揉める」
「だ、だからって、そんな……猿彦にずっと、このままでいろって、いうんですか」
 そんなの酷い。治せるのに治さないだなんて。しかもそんな自分勝手な理由で。
「なんで? ダメ? 自業自得なんだから、甘んじなよ」
 元雅くんは至極穏やかに首を傾げる。と、猿彦がヤスケの柄で板敷を叩いた。
〔お前には分かんねぇだろーがな……辛ぇんだぞ、顔がないってのは〕
 ついで立ち上がった彼は、頭を抱えて天を仰いだ。
〔刺身が、食えねぇ!!〕
「猿彦、もっとキツイことがあるはずじゃ……」
 切実に嘆く彼には申し訳ないけど、食事すらできないのを差置いて、さしみだとは呆れる……思わず突っ込んだ僕は、しまったと口を噤むも、遅かった。
〔てめぇが一番腹立たしいんだよ、敦盛!〕
 思った通り、彼はヤスケの先を僕に突きつけ、子供のように怒り狂って地団駄を踏む。
〔てめぇ! ばかばか刺身喰いやがって! しかも鯉! 鯉をッ!!〕
「で、でも、鯉ってさ……」
〔うっせ、うっせ、うっせぇ――!!〕
 ここ最近、庶民にも味わえるようになった刺身の中でも、とりわけ珍味と呼ばれる部類が鯉だ。僕はあの泥臭さが何とも耐えられず、口に含んだ瞬間、口呼吸で咀嚼の上、水と共に飲み込んでしまうのだけれど、彼はどこかの好事家よろしく大好物らしい。
〔――――だから! 俺は顔を取り戻す!!〕
 跡継ぎとか、元雅くんの事情なぞ関係ないと、拳を作る猿彦。それに元雅くんが溜息をついた。
「…………短絡的だね」
〔あ?〕
 全くその通りです。だなんて、内心頷いた僕は、元雅くんの表情にどきりとした。
「今が一番いいって言ってるんだよ」
 そう言った彼の美しい瞳には、いつもの他人を馬鹿にするのではない、もっと深く静かなものが滲んでいて。
 不信に思う僕とは別に、猿彦は彼の変化に気付かなかったらしい。相棒は予想通り弟に掴みかかろうとしたから、僕は慌てて二人の間に身体を滑り込ませた。
「ほ、他に方法を探してみようよ。た、例えば……ほら、封じたりとか。消滅させるなんて物騒だし、しかも有用な神様なんでしょう? 正式に元雅さんが継ぐべきだよ。その後に、猿彦の顔を元に戻したり、とかさ」
 それなら、とりあえずは猿彦の顔はなくならないし、もともと大夫の座に大して執着していない相棒にとっても良いに違いない。だからそう提案すれば、
「封印はできない」
 元雅くんが即座に首を振った。
「どうして? だって、封じてたんじゃ……」
〔封じてた面がない〕
 ……ああ、と僕は脱力した。
 死霊や怨霊、神の霊体は、この世にあるための「よすが」がいる。例えば、僕が、猿彦の持ち歩く〈敦盛〉の面をよすがに、ここに存在しているように。そして、その魂のよすがに代用品はない。この世に一つだけなのだ。
「自分の面持って逃げたからね。その面が見つからない限り……封じ直すっていうのはできない」
「だったら、しばらく様子を見て、その面を捜すっていうのは……」
「これまでも観世はずっと、探し続けてきた。それでも見つからなかったんだよ」
〔それに時間が無い〕
「そ。……黒翁が動き出しているなら、もう悠長にしてる時間はない。アレは障礙神。見境無く人間を襲う、やっかいな神様だからね」
 ……そうでした。
 つまり、消すことを前提で、猿彦はたづさんの協力を仰ごうというのだ。
 消す前に顔を取り戻したい猿彦と、猿彦の顔ごと消したい元雅くん……何処まで行っても交わらない二人だ。
〔っつーわけで、女。剣を貸せ。今すぐに〕
 猿彦はたづさんに向き直ると、ずい、と右手を差し出したが、
〔俺は今から黒翁を捜し――ぐっ〕
 その腹部に、拳をねじ込まれ、黙り込む。
〔……てんめ、何しやがる〕
「それが、人に頼む態度?」
 取り落としそうになったヤスケにすがりつく猿彦を、すっくと立ち上がったたづさんは、目を細めて見下ろした。
「教育的指導よ。『貸してください、お願いします』ぐらい言えば?」
〔……女ってのは、こっちが下手に出りゃすぐに調子に乗りやがる〕
「下手!? 何処が!? あなたの頭ん中、かびてんじゃないの!?」
〔かびてんのは、てめぇん魂(なか)だろ! トリババアっ!!〕
 鶴(たづ)だからトリババアだなんて何と安直な……なんて納得している脇で、たづさんの二撃目が炸裂。猿彦が床に沈む。
「…………たづさん」
 そんな兄を尻目に、腰に手をやり鼻を鳴らすたづさんの袖を、しいちゃんがおずおずと引っ張った。
「ん? 何?」
「……しばらく、しいたちここにいていい?」
 問いに、たづさんは一転してはち切れんばかりの微笑みを浮かべると頷いた。
「もちろんよ!」
「あ、そう」
 それを聞くやいなや、立ち上がったのは元雅くんだ。
「なら、僕、水浴びしてくるから、夕食はその後にして。しいちゃんもおいで。兄ちゃんが身体洗ってあげる」
「ううん。しいはもうお姉さんだから、自分でできるよ」
「……そっか。しいちゃんは偉いね」
 顔を引き攣らせながらもにこやかに、元雅くんは妹の頭を撫でた。やがて見るからに悄然として、彼は庭とは逆の土間の方へと室を出ていってしまう。
「ちょ、ちょっと待って? え、なに当たり前に夕食作って貰おうとしてんの、あの男!?」
 元雅くんが、自然な様子で住職さんに水浴びの準備をするよう命令する声が聞こえてきて、たづさんが唖然とする。
「……しいが手伝う、から」
 そんな彼女に、しいちゃんが済まなそうに頭を下げる。それに、たづさんは気にしないでと首を振ると、末妹の頭に手を置いた。
「ありがとう…………本当、ぼんくら兄たちには勿体ないくらい良い子だわ」
 呆れ返った声が落ちる。やがて気を取り直したたづさんは早速、しいちゃんを伴い室を出ようとしたのだが、
〔ちょっと待て〕
 と、身体を起こした猿彦に呼び止められて、振り返った。
〔杓文字はこれを使え〕
 などと言って、猿彦は胸元からずらり、と取り出した五本の杓文字の内、一本を誇らしげに差し出した。
 ……出たよ。
 杓文字愛好家による本日の杓文字。
 握ると手に張り付くようなしっくり感、その上、面の部分は米の弾力を殺さず、柔らかにすくい上げる……最高級の竹素材、手削りの一点物だ。
「……それはご丁寧にどうも」
 呆れもせず、にこりと笑ってそれを受け取ったたづさんは、
〔ぃだっ!!〕
「あなたも、来るのよ!」
 さっさと庭先に出ようとしていた猿彦の右耳を容赦なく引っ張った。
〔痛い痛い……千切れる、耳、千切れるッ!〕
 両手を振り回し暴れた末に、猿彦の絶叫がヤスケに浮かぶ。
〔敦盛! 舞え!!〕
 ……本当に、千切れるかと思うくらい、耳は痛かった。

( 四ノ段 了 )