アラベスクに問え!

それぞれのアラベスク(8)

 翌日からヒューズは機織りを再開した。
 ヒューズは何も言わなかった。アルバートもそれに関しては口を閉ざした。
 アルバートはヒューズに対する態度を変えると言うこともなかったし、相棒が必死に戦っていても、彼の役割を必要以上に肩代わりしたりもしなかった。
 食事当番、ゴミ捨て、掃除……さぼれば容赦なくアルバートは不機嫌になった。
 殴り合いの喧嘩はしょっちゅう勃発した。
 ――それでも、前とは確実に二人の関係は変っていった。
「やっぱ、謝りに行こう。許してくれるかは分かんねぇけど」
 夕食時、アルバートは食卓に頬杖を付きながら、ヒューズが焼いた卵焼きをフォークで無意味に突いていた。
 ヒューズはきりが良くなったら食べるから、と夕食の用意だけして、作業場に籠もっている。
 消臭方法はまだ見つかっていなかった。
……いな、一度は消臭に成功したのだったが、その方法で染めた糸で織るのは死んでも嫌だとヒューズに拒絶されては仕方ない。一から考え直しだった。
 こうまで煮詰まっては、一旦思考を放棄するしかない。
 意識を別に振り向けようと考えた時、アルバートは気に掛っていた一つのことを思い出した。
 無理矢理に色を奪おうとして傷つけた、木の精霊や土の精霊のことだ。
 また、襲われるだろうか。
 そう考えると、胸が締め付けられた。
 恐怖よりも嫌われたことが痛かった。
「……詫びに、何か持ってくか。手ぶらじゃ行けねぇもんな」
 土産にするなら肥料だろう、そう思い至ったアルバートは台所のゴミ箱をチラリと一瞥し、ハッとする。
「いや、いや、いや。まさか」
 閃きを、頭を振って打ち消す。
 けれど、転がるように期待はみるみる内に膨らんだ。
「でも…………でもッ!」
 アルバートはいてもたってもいられずに、立ち上がった。
 土の精霊の唾液ならば、ハッグで染めた糸の臭いをも消すことができるかもしれない!
「確かめてみる価値はある――うぶほッ」
 卵焼きを口に放ったアルバートは、その余りの辛さに咳込むと、慌ててコップを傾け水を流し込んだ。
「あンの野郎」
 息を整えてから、彼は足音高く機織りの作業場に怒鳴り込んだ。
「ヒューズ! てンめぇ、大人しくしてると思えば、ンなしみったれた嫌がらせ仕込んでやがっ―――――っと」
 アルバートは口元に拳を当てると、慌てて言葉を飲み込んだ。
 ランプの揺れるほの暗い部屋に、気息正しい寝息が響いていた。
 窮屈そうに身体をまるめ、綜絖(そうこう)――横糸を通すための縦糸を上下に分ける器具の上に、頬をついて寝入るヒューズに、アルバートは腰に手をやると苦笑を噛み潰す。
「風邪引くっつの、バカ」
 上掛けを持ってきて、その背に羽織ってやると、アルバートは土の精霊らに会いに行く準備を始めた。
 その夜――――
 ヒューズよりも一足先にベッドに潜り込んでいたアルバートは、台所の方でブフッと咳込む音を聞いた。
 もちろん、ヒューズが自分の作った卵焼きを食べたのだろう。
「アルさん、寝てる?」
 ベッドの仕切りカーテンを持ち上げて、ヒューズが覗き込んでくる気配。
 アルバートはぎゅっと目を閉じると、狸寝入りを貫いた。
 暫く返答を待っていたヒューズだが、やがてアルバートの足元に何か置くと――先ほどアルバートが眠るヒューズの肩に羽織ってやった上掛けだろう――誰にともなく言った。
「卵焼き……残したって、良かったのに」
 彼は、ふと、呼吸を整えてから、続けた。
「あなたは厳しい人だ。ちっとも気遣ってくれない。でも、あなたは僕をきちんと見ていてくれてる。僕はね、初めて……信じられているって実感することができたんです」
 ヒューズは暫く押し黙った。
 それから、ごにょごにょ謝辞を呟くと、あたふたと作業場の方へ戻っていった。
「…………バーカ」
 不機嫌そうに毒づくアルバートの耳は赤い。
 機を織る、リズミカルな音が聞こえてくる。
 その音を子守歌にアルバートは目を閉じた。夜は穏やかに更けていく。