アラベスクに問え!

それぞれのアラベスク(7)

「……僕は」
 取り残されたヒューズは、じっとしていた。
 ややあってから、彼は両腕で自身を抱くと身体を丸めた。
 と、右手に触れた感触に、彼はそろそろと袖をまくった。
 そこには、アルバートが染め、自分で織った紐が結びつけられていた。
「僕は、どうして、あの時」
 ぼやいて、ヒューズは椅子の背もたれに寄り掛かると、そっとその紐に触れて目を閉じた。
(母さんは、頑張ってるわね、って言った)
 祖母も乳母も、執事もみんな、坊ちゃんは頑張り屋さんですね、と言った。
 ……結果については誰も何も言わなかった。
 責められないための「頑張り」。
「それは……何かを生み出すためじゃない。言い訳だ」
 兄のウィリアムは何も言わなかった。
 それが全て見透かされているように感じて、ヒューズは彼が苦手だった。
 そして、アルバートは……
「………………本当に、嫌な人だな」
 彼は他の誰とも違っていた。
 ハッキリと嫌なところを抉ってきた。
――――酷く、腹が立った。
 こんな自分など知りたくはなかった。
 胸がぐちぐちと湿った痛みを訴え始める。
 情けなくて、恥ずかしくて、それは消えたいくらいで……それでも。
 何故か、本当にほんの少しだけ……胸が温かかった。
「どうして、僕は、これを織ったんだろうね」
 腕に巻き付けた、アルバートとおそろいの勝利祈願を見つめながら、ヒューズは自身に問いかける。
「織りたくなんてない」
 織ることは嫌いだった。
 織る必要があったから織ってきたのだ。けれど。
「でも……これは、違うんだ」
 ヒューズは過去を味わうように、そっと紐をなでた。
「………………これは違うんだ」