アラベスクに問え!

テスト×テスト×テスト(9)

「十四、十四……っと。此処か」
 三時間ほど彷徨い歩き、やっとのことで寮に着いたアルバートは、早速、新しく割り振られた部屋に向かった。一階の、中庭に面した一室だった。
 ゼロの嫌がらせは、珍しくアルバートにとって良い方に働いた。
 あのままでは、身分の壁でペアを得るのに随分と苦労したに違いない。
 アルバートは、〈一四〉と書かれた扉の前に立つと、深呼吸をした。
(どんな奴だろう)
 本当は、ペアだと言う事を考えれば、棄権するべきなのかもしれなかった。自分は結局、木の精霊や、土の精霊から色を貰うことができなかったのだから。
 そして、再び偶然で色を手に入れられるとも限らない。
(でも――――)
 諦めたくなかった。
 他人に迷惑をかけるかもしれなかったが、どうしても、この偶然を途中で終わらせたくなかった。
(俺はやってやる。っつか、やるしか、ねぇんだ。此処まで来ちまったんだから)
 まだ時間はある、とアルバートは自分に言い聞かせると、目前の扉を睨め付けた。
(なんとかしてみせる。てか、なんとかする方法を探すっきゃねーし)
 玄関を入ればすぐ左に狭い台所があった。そのまま奥に進めば、仕切りもない部屋続きに寝室が広がっていた。
 勇気を出して、踏み込む。
 部屋の左右に設置された二つのベットの片方には、先客がいた。
「うっす。染め士のアルバート・グレイだ。宜し――――」
 アルバートは、緊張の面持ちを拭うと、努めて明るい声を出し……荷を解いていた自分のペアを見て、息を飲んだ。
「ヒューズ」
「アルさん……」
 ヒューズは固い声でアルバートの名を口にすると、目線を落とし、鼻からぬけるような、侮蔑の笑いを漏らした。
「はっ、最低だな。最後の最後で、あなたに当たっちゃうなんて」
 冷たい声に、アルバートの肩が揺れた。唇を引き結び俯く。
 ややあってから、その歯の間から苛立ちが転び出た。
「…………ちょっと待てよ」
 アルバートは乱暴にリュックを床に叩きつけた。
「最低ってどういうことだよ。おい!」
 足音高く、ずかずかとヒューズに歩み寄る。
「確かに俺は筆記も実技もボロボロだったよ。身分も、才能も何もかんもお前とは釣り合わねぇ。けど、その言い方はないだろ!?」
 ヒューズはびっくりしてベッド前で仁王立ちするアルバートを見た。
 アルバートは顔に熱が集まるのを感じた。
 呼吸が震えて、胸が苦しかった。
 酷く傷ついていた。
「それとも何か? 俺がペアじゃ、合格目指す気にもならねぇか? だったらさっさと変えて貰ってくれ! お兄様にお願いしてな!!」
「ちが、違いますよ」
「何が違うって言うんだよ!」
 ベットから腰を上げたヒューズにアルバートが問い詰める。
 ヒューズは、肩で息をする友人を哀しげに見つめてから、悄然と項垂れた。
「才能が釣り合わないのは、僕の方なんです」
「あ?」
「ごめんなさい」
 眉根を寄せたアルバートに、ヒューズは礼儀正しく頭を下げた。
「僕、織れないんです」
 理解ができずにきょとんとするアルバートに、震える声が続ける。
「僕は、アラベスクに必要な〈精霊の加護〉を織り込む事ができない。……僕には、素質が、ないんです」

( 二、歪んだ銀の章 了 )