アラベスクに問え!

テスト×テスト×テスト(4)

 もちろん方向音痴は健在で、地図があっても迷ったアルバートである。
 けれど、そのタイム・ロスは大したものではなかった。
 街の人は受験生に親切だったし、案内にも恵まれ、目的の聖域――街の西端に広がる森にはすんなりと辿り着くことができた。
 けれど。
「余裕、の、はず」
 ドサリ、と地に尻持ちをついたアルバートは、目前の状況を信じられない面持ちで見遣った。
 わさわさと威嚇に揺れる木々。
 その前で大地を貫き飛び出た幾本の根が、ギリリと的をアルバートに絞っている。
 と、その横脇から荒れ狂う蔦がビュンッと宙を切り裂き伸びてきた。
 上半身を逸らし、紙一重で避けたアルバートに、今度は根が躍りかかる。
「何でだよ」
 アルバートは腰元にぶら下げたナイフを引き抜くと、容赦なく伸びてきた根を叩き斬った。
 ギャッと嫌な悲鳴が耳を打つ。と、更に攻撃は激しさを増した。
 木々の背後には、全身を逆立て怒る木の精霊の姿……
「何なんだよ。何で」
 精霊は基本的に人を攻撃しない。
 けれど聖域の生物や色を望む者は別だ。
 精霊は様々な手段で人を試し、認めた者にだけ、聖域の物や色を与えた。
 試練の中には暴力的なものもあったから、もちろんアルバートは戦闘も覚悟していた。
 覚悟はしてはいたが……それは力を望む性質のある土の精霊などであって、木の精霊では無い。木の精霊は、暴力を好まず、地・水・火・風の四精霊よりもずっと穏やかな性質のはずだった。それが――――
「くそ!! 何が気に食わねェんだよ!!」
 怒りにまかせてナイフを振るえば、足を取られた。
 前のめりに転んだところに容赦なく、蔦の鎗が襲う。
「俺はこんなところでまごついてるわけにはいかねぇンだ!」
 アルバートは足を拘束する蔦にナイフを突き刺し千切ると、大地を蹴った。
 従わないのならば、従わせる。
 それが染め士に求められる力――アルバートは迷わず、前へと足を踏み出した。狙うは、群れのリーダー格だ。
 木の精霊は、まとめ役を中心に群れる。それを力でねじ伏せてしまえば、統率の取れなくなった木の精霊は、アルバートに従わざるを得ない。
 まさかこの方法を、人に最も友好的だと考えられている彼らに使うとは……アルバートの胸中に苦いものが広がった。
 けれど、手段は選んではいられなかった。丸一日も彼らの説得に費やしてしまったのだ。
 まだ、土の精霊も残っている。さっさと桜色を採って次にいかねばならない。
「お前らが悪いんだ。俺に色を寄越さねぇから」
 アルバートは迫り来る蔦と根の鎗を素早い身のこなしで避けると、躊躇いなく群れの中に飛び込んだ。わたわたと木の精霊らが散り散りに逃げ出す。
「おおおおおおッ!!」
 咆哮を上げ、ナイフを振りかぶると柄の部分を叩き込む。恐怖に立ちすくむ木の精霊のリーダーがぎゅっと目を閉じるのが見えた。
 もちろん殺すつもりはないが、やはり気持ちの良いものではない。
 ――――と、その時だった。
「ぐあッ」
 脇腹に衝撃があった。
 吹っ飛ばされ、地を転がったアルバートは身体を丸めると咳込んだ。
 次の攻撃を避けるためにも、体勢を早く立て直さねばならない。
 グッと奥歯を噛みしめて痛みに耐え、身体を起こそうとした彼は……先ほど自分を攻撃してきたものに目を見開いた。
 目前にアルバートの背丈ほどの、人型の拳の如く盛り上がった土の塊が生えていたのだ。
 木の精霊らの方を見遣れば、彼らを守るようにして、土の精霊が集まりだしていた。
 数十体の精霊は、小さな目に、怒りの炎を灯してアルバートを睨んでいる。
「何なんだよ、一体……お前ら」
 アルバートは愕然とした。
 村ではこんな目に遭ったことなどなかった。
 幾度か土の精霊とは手合わせをした事はあったが、こんな風に憎しみを向けられることなどなかった。
 いつだって彼らは単純で、好奇心旺盛で、無邪気で……
 アルバートは焦る。情報をさらい直す。
 聖域の状態は悪くなかった。
 この辺りの精霊が、特別凶暴だと言う噂も聞いていない。
 なによりも調べに来た時、攻撃されると言うことはなかった。
 彼らが何故、ここまで自分に敵意を剥き出しにするのか分からない。考えもつかない。
(考えろ、考えろ、考えろ……!!)
 村と町では、精霊の性質が違うのだろうか?
 アルバートは目前の精霊らを見た。戸惑いを振り切るように、生唾を飲み下す。
 ――そうだ。そうに違いない。
 アルバートは結論付けた。
 力でもって、従わせるのが、染め士に求められる力。
 それが答えだ。それしか、ない。でなければ。
『現実を見なさい、アルバート!』
 不意に、叔父の声が脳裏を過ぎった。
 アルバートはギクリとする。
 力でもって従わせるのが、答えでないとすれば……
(でなきゃ、俺に、素質がないってことだ)
 唇を噛み、アルバートは首を振った。
 叔父や――周りが言ってた事が、真実なはずはない。
(俺には、素質がある)
 アルバートは必死に言い聞かせた。
 村ではきちんと採色できていたのだ。それは精霊らに認められる素質があると言うこと。
(あるんだ。……絶対に)
 筆記試験など関係ないほどに、実技で華麗に点を取る。
 二次試験で、みんなが驚くような色を採り、麒麟児だとゼロに思わせる。
 そんな噂は村にまで届き、今まで母を馬鹿にしていた奴らは手の平を返したように、「どう育てたの」などと母に問うだろう。
 そしてアルバートは、「思い通りにならなかったな、クソジジイ」と、叔父を鼻で笑ってやるのだ……
 庶民出だからと倦厭するミシェルが、ヒューズにするように自分に目を輝かせる。
 みんながアルバートの未来を期待する。
 ――そんな自分を思い描いていた。
 漠然とそうなると信じていた。それほどの努力をしてきたつもりだった。
 けれど。
 アルバートの唇が戦慄いた。
(そうなるんじゃない。そうするんだ。絶対)
 これで失敗などしたら、笑いものではないか。
 クラシックになってからが問題だったはずなのに、クラシックにすらなれないなんて、絶対に許されない。
 送り出してくれた母親に、顔向けできない!
 アルバートは、手に力を入れて立ち上がろうとした。
「な……ッ」
 けれど、失敗した。
 地に着いた手が、大地に飲み込まれていたのだ。土の精霊の仕業だった。慌てて手を引き抜こうともがく。けれど、びくともしない。
 木々が不穏に揺れた。木の精霊らが、ゆっくりと歩み寄ってくる。
 アルバートは顔を上げた。初めて、精霊が怖いと思った。
 (――殺される)
 頭の中で不穏に響き渡る警戒音。
 今まで一度として感じたことのない命の危機に、アルバートの混乱は極限に達した。
 何故、こんな目に遭っているのか理解ができない。
 いな、理解したくなかった。
 音を立てて、蔦の鎗が迫る。それは正確にアルバートを狙っている。
 手を地に縫い付けられた体勢では避けることなどできない。アルバートはきつく目を閉じた。
「くっ」
 恐怖を、情けなさが上回る。
 疑問が翻り、弱気が心を塗りつぶしていく。
 精霊に嫌われている事実を、認めねばならなかった。
 突きつけられた現実に、積み重ねてきた自信がへし折られる――――夢が、終わる。
 全てが終わる。思わず、笑い出したくなった。
 アルバートは目を閉じた。
 情けなくて、苦しくて、情けなくて情けなくて……
「………………?」
 けれど、いつまで立っても痛みはこない。アルバートは恐る恐る顔を上げ――目を瞠った。
 目に飛び込んできた、陽の光を照り返す美しい黄金の長髪。
 腰巻には見覚えがあった。
 赤地に細密で優美な曲線の植物紋様の刺繍されている。
 唯一、記憶と違うのは、その人は腰に巻いた長い布の、余った端の部分を肩の方に引き上げ、肩覆いとして使っている事だった。そして、すらりとした足を覆うのは、白いズボン。それは、機織りの服装だった。
 じっとアルバートの目前に立つ男を見遣った木の精霊や土の精霊らが、しずしずと森の奥へ帰っていく。
「大丈夫か、少年」
 ホッと溜息をつき、その人は背に流れる長い金髪を揺らして振り返った。
 次いでアルバートを見下ろすと、神経質そうに切れ長の目を細めた。
 瞳はヒューズと同じ、晴れの海を思わせる蒼で、研ぎ澄まされた刀剣を思い起こさせるような、鋭い美貌の持ち主だった。
「ウ、ウィリアム試験監督」
 アルバートは驚きと共に、その人を見上げた。
 ウィリアム・ルイス――国王直属の機織りであり、もう一人の試験監督、ゼロ・ホープの相棒だ。まさか誰かに命を救われるとは思っておらず、しかもそれが雲の上の存在であり、尚且つ自分の専門とは違うウィリアムで、アルバートは暫し呆然自失の為体で地にへたり込んでいた。
「す、すいません……ッ」
 やがて、ハッと我に返ると、アルバートは慌てて頭を下げた。
 背後からのほほんとした声が聞こえたのは、その時だ。
「危機一髪だったねぇ」
 ゼロだった。
 アルバートは下げた頭を持ち上げる事ができなかった。
 ――見られていた!
 あれほど、情けないところを見られていたなど……アルバートは、きつく唇を噛む。
 ゼロにだけは見られたくなかった…………ッ!!
 ウィリアムはそっとアルバートの腕を取ると、引っ張り立たせてくれた。ついで、彼はゼロを振り返ると、険を含んだ声で言った。
「ゼロ。染め士の生徒はお前の担当だろう」
「えー? だって、メイドさんの恰好してないし」
「……ゼロ」
 重々しい戒めの声に、ゼロは大げさに肩を竦めた。
「ウィルは過保護過ぎだよ。こう言うのは放っておくの。じゃないと成長できないじゃないの」
「今のは成長で済む状況では無かった」
「彼みたいな子は、死んだって学べないと思うけどねー」
 唇を尖らせて毒づいてから、ゼロは地に転がっていたアルバートのナイフを拾い上げた。
 ナイフに付着した土を払ってから、アルバートをじっと見つめる。
「ゼロ試験監督……」
 気まずそうにするアルバートに、彼はニコリと笑むと言った。
「君さ、染め士に向いてないよ」
 ガツンと、後頭部を殴られたような衝撃がアルバートを襲った。
 二の句を告げられず、ゼロを見上げれば、彼はアルバートの手を取り、その上にナイフを置いた。
「ゼロ」と、ウィリアムの厳しげな声が飛ぶ。
「何? 俺、何か間違ってた? これだけ精霊に嫌われてちゃ貰える色も何も、ないでしょーが」
 ゼロは小首を傾げて相棒を振り返った。
 ……アルバートは手の上のナイフを見下ろした。
(向いてない?)
 目眩がした。呼吸がうまくできなかった。
 今、色が採れなかったのはたまたまだ、と心が訴えていた。
 自分には素質がある。
 心臓がドクドク脈打ち、「あるはずなのだ」と必死に声を上げていた。
 その耳鳴りの中、
 ――もしかしたら。
 小さな不安が、全身に薄く細く流れていく感覚に襲われる。
 手が震えていた。
 否定が大きくなる。
 それに比例して、不安が大きくなる。
「ね。聞こえた? 君は染め士に向いていないんだ」
 ゼロがせせら笑うように、アルバートの肩に手を置き、顔を覗き込んだ。
「ゼロ。いい加減に――――」
「君は、それでも染め続けるのかな」
 苛立たしげに相棒の腕を引き、ゼロをアルバートから遠ざけたウィリアムはピタリと言葉を飲み込んだ。
「は……?」
 アルバートは訝しげにゼロを見た。
 ゼロの瞳は、今までで一番、真剣な色を帯びているように感じた。
 染め士に向かない者が、染め続ける。それは、染め士になれない者が、染め続けると言うこと。
 染め士になれなければ、アラベスクに従事することはできない。
 クラシックにすらなれなければ、名誉も、金も、夢見ることはできない。王の近侍など話にもならない。
「…………何スか、それ」
 染め士でもないのに染めても、何にもならない。
(そんなの、意味ないじゃん)
 ゼロは失望を隠しもせずに嘆息を残すと、さっさと踵を返した。
 アルバートは力なく地面を見つめた。
 戦闘で踏みつけた草花が無残な姿をさらしていた。赤の花びらは散り、緑の草はくたりと地に伏している。
「アラベスクは想いの形」と、誰にともなくウィリアムは口を開いた。
 のろのろと顔を上げたアルバートを真っ直ぐ見つめ、彼は続けた。 
「迷ったならば、内なるアラベスクに問え」